ホワイトグースの産毛だけを使った最高品質のダウンが特徴のモンクレール

モンクレールは、1952年にモネスチエドゥクレールモンというフランスのアルプスグルノーブル郊外にある小さな村に設立された、長い歴史を誇るブランドです。かつては、登山家のためにテントやウェアなどの装備品を作製していました。
モンクレールはダウンで世界的に有名なブランドで、ホワイトグースの産毛だけを使っていて、最高品質であることを認める仏企画協会による4つの羽の意味を持つキャトルフロコンを取得しているのが最大の特徴です。
寒いエリアで使用されることを目的とした防寒着として優れているダウンジャケットには、もともとのコンセプトに近代的なデザインを融合させているブランドや斬新的でかつユニークなデザインのブランドなど、モンクレールの中にはさまざまなブランドラインが存在しています。
モンクレールのダウンは、プレミアムブランドということでどの商品もそれ相応の価格となっていて、特に冬物のダウンジャケットは20万円近い価格のものもあります。
正規輸入代理店を通して市場に出回っているモンクレールのダウンを正規品、ほかのルートで市場に出ているものは並行輸入品と言われていて、並行輸入品であれば日本国内の正規店で購入するよりは安く手に入れられるので、少しでも安く購入したい場合には並行輸入品というのも手段のひとつです。
並行輸入品の購入には、インターネットで検索して取扱っているショップを探すことになりますが、正規店ではないので信用のおける業者やショップを選ぶことが大切なため、万が一のための対応や保障があることも確認しましょう。

モンクレールのオロフィンを買った理由と感想と、モンクレールを買うときの注意点など

昨年、MSTOREというモンクレールのネットショップにて「オロフィン」のブラックを購入しました。

サイズは日本人女性の細みの方でも00ならいけるかなという感じです。

デザイン的に、お尻まで隠れる長さながら全くモッタリ感がでず、スッキリしている点が気に入りました。もちろん温かい上に軽いです。

ポリアミド100%で、ダウンフェザー100%です。いかにもウエスト絞ってる!という感じではなく、背中にウエストマークがあるので、さりげなくというか後ろから見ると脚長効果があると思います。

前はチャックをしないとストンとも見えるのでシンプルにも見えます。

肩にレザーが入っていたり、ポケットのチャックがあったり、ポイントで楽しめるところもあります。

 

 

デザインも気に入り、着た感じもカジュアルにならず、かといってマダムのような上品過ぎることにもならず気に入ったのですが、1番重要視したのはサイズです。

0と1で迷ったのですが、こればかりは試着してみないと絶対にわからないと思います。

袖が長めがいいいのか短めがいいいのか中に着る物は厚手にするのか薄手にするのかゆったりめに着たいのか、チャックを締めてワンピースのようにピッタリめに着たいのか、自分の好みを試着しながら定めていく必要がありました。

冬時は混む時もあって、ゆっくり試着できないので新作が入ったタイミングくらいで冬場になる前に行くと、店員さんにも余裕があるかもしれません。

厚手の服のときと、薄手の服のときと最低でも2回は試着しにいくと良いと思います。

高い買い物なのですが、かなり重宝しますし、これ以外は着られない(それもどうかと思いますが)それくらい品物は良いと思います。

モンクレールのダウンは良いから買うか~と軽い気持ちで行くと、けっこう種類や価格の差やデザインの差などが多いので、ある程度ネットで好きなデザインや素材や価格などを品定めしていくと良いと思います。

ネットでのモンクレール購入は慎重に!

以前ネットショップの貿易事務としてお務めさせていただいておりました。
正直なお話、そこでお勤めさせていただくまでは日本の大手ネットショップに既存する店舗や十店舗などではコピー品などは販売されていないと信じておりました。
信じていたというより、疑ったこともありませんでした。
が、入社して始めてわかったのが、「並行輸入」の格安ブランド品は正規店からの仕入れではない可能性が高いということです。
ただ単に「モンクレール指定メーカーからの直接輸入」つまりは品質はほぼ同じですが、工場出荷の際の検品も基準が異なりますし、使ってる素材も違う可能性があります。
正直仕入れをしている工場が本当に指定メーカーなのかも不明です。
私が担当するのは会社ですでに取引しているモンクレールのメーカー側貿易事務の方との納期や検品、出荷状況等の確認などでしたので
上司にライセンスあるの?とか聞ける訳もなく、本物ですか?なんて言葉はきっと退社するまで聞くこともないでしょう。
たまにカスタマーのお手伝いでメールやコールの対応をさせていただいておりましたが
やはり受け取った商品のクオリティーで本当に正規品ですか?との質問をされることもありました。
証拠があるわけではありませんが、高い価格で商品を売っているブランド品がずさんな検品をするとは思えません。
独断と偏見かもしれませんが、それ以降ネットショップでの並行輸入格安商品は信用しなくなりました。